アルコール依存症の病気特性とは

アルコール依存の病気

トップ

アルコール依存症の病気特性 

アルコール依存症はお酒が手放せなくなる病気として一般に知られていますが、実は進行性であり、軽度から重度へとなっていくにつれ心身への影響が大きくなり、重篤な障害が起きたり死に至る恐れもあり、軽いうちにきちんと対処して治すことが大切です。アルコール依存症の人は、最初お酒を飲むことで気持ちよくなれたり、前向きになれたりと良い影響を感じますが、次第にお酒がないと不安な気持ちになるなど精神的依存が始まり、次にお酒が切れると震えたり幻聴が起きたりと身体的依存を感じます。進行性の病気であるという正しい認識を持ち、適度な飲酒に押さえることが重要です。十度の場合は病院にかかることをお勧めします。

アルコール依存症について 

アルコール依存症という病気は、かつてより意思の弱い者が陥ってしまう症状、社会不適合者の象徴的症状といった、ある種のマイナスの烙印を押されてきた感がありますが、近年では、アルコール作用から誰しもが患う可能性のある、薬物依存症に属するれっきとした病気であるという認識が一般的になりつつあります。アルコール依存症は進行性の病気であり、初めは飲酒する機会をコントロールできる機会飲酒の段階が、毎日、あるいは常に、もしくは一日においても時間を問わずに酒をあおっているような習慣性飲酒、しかも極度の習慣性飲酒へと進行していきます。重度の症状になると、断酒しか治療の道はなくなります。ポイントは軽度の段階における飲酒コントロール、本人の理解、適切なカウンセリングです。

病気,アルコール

© Copyright アルコール依存症の病気特性とは. All rights reserved.